澄み切った空に憧れて

ひっそりとやっております。20代アイドルファンの日々の記憶。

アイドル楽曲大賞2017に投票しました <インディーズ・アルバム編>

さてこちらはインディーズ楽曲部門に関する記事です。

ここ数年はインディーズ系楽曲を中心に聴く日々で、なかなか5曲に絞り込めないというのがあるのですが、ひとまず紹介していきたいと思います。


<インディーズ/地方アイドル楽曲部門>

1位 ONE-TIME LOVE / 星野みちる : 3.0pts.

個人的に今年は『癒し』がテーマでした。少し今までのアイドル楽曲から離れて、女性シンガーのアーバン・フュージョンテイストの楽曲を漁って聴くようになっていたのですが、そんな時にドンピシャでやってきたのがアルバム『黄道十二宮』。その中でもこのONE-TIME LOVEの楽曲、世界観に最も惹きつけられました。この楽曲を提供されたtsvaci(つばし)さんが詳しく楽曲について解説されているので下記の記事もあわせてどうぞ。 lineblog.me

2位 ミッドナイト / いちごみるく色に染まりたい。: 2.5pts.

たまたま宿塔で試聴していたら、これはいい!となり今年の秋はずっと聴いていました。音自体はソフト特有の音が強いのですが、曲の構成やウィスパーボイスにハマってしまいました。ふつうの女の子がこういうメロディーに乗せて歌ってくれる、いわば僕の理想のようなもので、それを見事に体現していただけたなと感じております。

3位 キミに夢CHU♡XX / むすびズム : 2.0pts.

80's シンセポップ基調で、僕にとっても少しお姉さんのむずびズム楽曲としての気品の良さが感じられて、印象に残りました。MVもコンセプトがしっかり出ていて、冒頭のVHSテープの画もいいですね。惜しむらくは解散してしまったことでしょうか。

4位 くらげくらげ / レッツポコポコ : 1.5pts.

あるライブハウスで聴いた機会に沸き系のアイドル楽曲が多い中、懐かしいような古き良きポップスの香りを感じました。サビや間奏のメロディが歌詞が心に響いて、感動した記憶があります。空間の広い曲で聴くとエコーがかってベールが包んでくれるようなそんな楽曲だと思います。

5位 人の金で焼肉食べたい / 劇場版ゴキゲン帝国 : 1.0pts.

楽曲の内容もMVの構成もすごくずるいといいますか、上手いといいますか、記憶に残らないわけないやろ!という。でもそこだけではなくて音もしっかりしているんですよね。ハウス系の曲に乗せて軽快な気分にさせてくれます。

<投票にあたって>

今年過ごしてきた中での個人的なテーマは『癒し』で、1位~4位まではそういった楽曲の中からよく意識的に聴いたものを選んだつもりです。5位のゴキ帝は元気が出る感じですが。もちろんお気に入りの楽曲は他にもたくさんあって紹介したいところではありますが、長くなるのでそれらはまた別記事でまとめる事にいたしましょう。


星野みちる / ONE-TIME LOVE~恋のファンフェアー - YouTube(0:49頃から)


いちごみるく色に染まりたい。[4K/60P]ららぽーと立川立飛171111① - YouTube(5:14頃から)


キミに夢CHU♡XX(MV) / むすびズム(musubizm) - YouTube


レッツポコポコ 「くらげくらげ」(Live music video) - YouTube


【MV】劇場版ゴキゲン帝国 『人の金で焼肉食べたい』 - YouTube


残りのアルバム部門と推し箱部門に入っていきます。

<アルバム部門>

1位 『Happy Kuru Kuru』 / ハッピーくるくる : 2.0pts.

2位 『黄道十二宮』 / 星野みちる : 2.0pts.

3位 『WHY@DOLL』 / WHY@DOLL : 2.0pts.

推し箱部門>

ハッピーくるくる

<投票にあたって>

アルバム部門については、よく聴いた楽曲がある順に並べました。ハピくるはなんだかんだ今年も一番足を運んだ現場だったでしょうか。推し箱部門に投票した理由でもあります。星野みちるさんのアルバムはONE-TIME LOVEのときも述べましたが、一歩大人な世界へ向かったみちるさんのコンセプトアルバムは、ゆったりとした心を与えてくれるお気に入りの一枚になりました。ホワドルのアルバムも近い時期に出まして、都会の街をテーマにしたダンスポップスをよく聴いた今年の夏でした。

アルバム部門に関しては

『THE FOUNDER』/フィロソフィーのダンス

cocoon ep』/sora tob sakana

『Blue Ocean Fishing Cruise』/つりビット

『青春微炭酸』/レッツポコポコ

も素晴らしい作品でありました。

最後に今年も多種多様なアイドルポップスを聴けたことに感謝しなければなと思っております。来年もまたお気に入りとなる楽曲に、パフォーマンスに出逢えますように。それではよいお年を。